伝統と創造性

バリーは一世紀以上続く技術を誇ります。どの製品にも40以上の工程を必要とし、そのほとんどが手作業で行われています。バリーのカシミヤは、繊維の長さと直径の最適なバランスに従ってスコットランドで製糸し、その後染色されます。編み上がったウェアのさまざまなパーツは、製造工場のそばを流れるティビオット川の澄みきった水で洗いにかけて、カシミヤの繊維を開かせます。この重要な工程はスコットランド職人の熟練技にかかっています。絶妙なタッチを実現するために必要な洗いにかける時間の長さは、彼らにしか分からないからです。バリーといえば無限の創造性にあり、それは新技術を生み出す研究なくしてはありません。2018年、製造工場内にイノベーション・ラボが設置されました。デザイナー、プログラマー、パタンナーの全員がパリのクリエイション・スタジオと協力しながら無限の創造性を表現しています。 

メゾン・バリー