歴史 

バリーはカシミヤのニットウエア製造を専門とするスコットランドのメーカーです。スコティッシュ・ボーダーズで1903年に創業し、当初は高品質ストッキングの製造に特化していましたが、まもなくカーディガンやプルオーバーを製造するまでに拡大し、1920年代にはガブリエル・シャネルがデザインしたツートンカラーのデザインも手がけるようになりました。数十年にわたり、バリーは多くの有名ファッションブランドと取引しています。2012年にシャネルに買収され、2014年に自社名を冠したブランドを立ち上げました。コレクションはすべてパリを拠点とするシャネルのクリエイション・スタジオでデザインされ、スコットランドのホーイックで製造されています。

 

メゾン・バリー